THE 飯茶碗 有田焼 藤巻製陶

【THE 飯茶碗】は、最も人の手に沿いやすく持ちやすい形状を追求した飯茶碗です。

【THE 飯茶碗】の口径は12cm。
これは標準的な大きさの日本人の両手で、円を作ったときの直径と同じ。
つまり、持ったときに自然と手に馴染む大きさです。

そして高さは、碗と手のベストな比率、半分の6cmに設定。
一般に、人差し指と親指の長さの比率は、ちょうど2:1とされ、
手の向きをどの角度にしてもこれは変わりません。

古くは“まり”と呼ばれていたお椀。
毬のように丸い器であったことから、その呼び名がついたようですが、
良い器というのは、反転させて二つを合わせたとき、丁度四寸(12cm)の球になるとされていたそう。

図らずも、昔からずっとつくられていた「茶碗の原型」を復刻した【THE 飯茶碗】。
様々なデザインによって失われつつあった茶碗の原風景=“手から生まれたかたち”に立ち戻っています。

今回、この全く同じ形状の茶碗を、異なる産地で製造。
日本の陶磁器の名産地である有田(佐賀)、信楽(滋賀)、瀬戸(愛知)、益子(栃木)の窯元にご協力いただき、
土、釉薬、仕上げなど、産地それぞれの特長を楽しめるよう、すべて白色に仕上げています。

産地ごとに揃えたり、産地違いで集めたりと、それぞれの表情を楽しんでいただける飯茶碗です。

自分好みの1品を手に入れて、その優美さを存分に味わってみては如何でしょうか。

記念日などの贈り物にも最適です。


【有田(佐賀県) 窯元:藤巻製陶  天草陶石/白磁/柄杓掛】

今から約400年前、国内で最初の磁石が発見された、磁器発祥の地として有名です。
有田焼は、国内はもとより、ヨーロッパの王侯貴族を深く魅了し、「伊万里」と呼ばれ
純金と同じ価値で取引されていたそうです。
有田の磁器の透き通るような白さは、貿易商であったオランダ連合東インド会社の高い要求に応えた、
当時の陶工たちの研究の賜物であったと言えます。
THE 飯茶碗「有田」は、柄杓掛けという釉薬のかけ方を用いてつくられています。


【サイズ】
W/D120×H60 mm

【素 材】
天草陶石/白磁/柄杓掛

【生産国】
日本


*THE*

「過去を知り、現在を考え、未来を創る。」
good design companyの水野学氏と、中川政七商店の中川淳氏を中心に 立ち上げたブランド「THE」。
たとえば、THE JEANS といえばLevi's 501。
しかし、この世界には未だ「THE」と呼べるものが明確に存在しないアイテムも数多く残されています。
世の中の定番を新たに生み出し、これからの「THE」をつくっていくこと。
世の中の定番と呼ばれるモノの基準値を引き上げていくこと。
本当に「THE」と呼べるモノを、生み出していくこと。 そんなモノづくりを目指したブランドです。
販売価格 2,484円(税184円)
型番 the-tyawan-arita